Xamarinでの開発を行う場合、iPhoneとAndroidを選択できます。
GUI等の表示に関わらない部分のソースは共通化できるので、うまく使い分けて両方に対応する事も可能です。

ただ、以下の理由からiPhoneでの開発を選択しました。

サービスとしての品質

アーキテクチャとしてiPhoneが優れていると言うつもりはありません。
開発効率だけで考えたらAndroidの方が優れていると思います。
iOSのアーキテクチャはむしろ低次元と言うか、Macのソースコードをベースとしているので、OSの作りとしては古く煩雑なものになっています。

それでもiPhoneを選択するのは、一定の品質を確保する仕組みがあり、プラットフォームとしての安心感があるためです。
例えば、iPhoneアプリはApple社のテストに合格する必要があります(結構ザルな印象ですが…)。
このため、最近流行りの個人情報の漏えいやセキュリティの問題もAndroidに比べて起こりにくいです。
また、脱獄(Jail Break)と呼ばれる不正アプリもApple社が徐々に潰してくれます(OSだけのAndroidでは対応に限度があると思います)。

ハードウェアが限定される

結構大きな要素が、iPhoneではハードウェアが限定される事です。
Androidはどのようなハードウェアで動作するのかわからず、テストが難しくなります。
例えば、海外でしか販売されていない機種のテストは難しいです(シミュレータはあります)。

ちょっと言いわけ

Appleの擁護者になっちゃいそうなので、ちょっと言いわけです。
正直、iPhoneを選んだのは消去法にすぎません。
個人的には、Windows Phoneに期待してます。
なので、Windows Phoneが普及してきたら、ちょっと考えちゃうかもです。