Xamarinの開発には二つの統合開発環境があります。

  1. Xamarin Studio(Macを使用しての開発)
  2. Visual Studio(MacとWindowsを併用しての開発)

このページでは「1.Xamarin Studio」で開発する場合について記載します。
ただ、本サイトでは、こちらの方法は使用していません。

開発環境(Mac)

Xamarin Studioでの開発にはMacを使用します。
Xcodeをインストールした状態で、Xamarinからツールをダウンロードしてインストールします。
インストール方法はこちらを参照。

Xamarin Studioの特徴

Visual Studioを使用した開発と比較したメリット、デメリットを示します。

メリット 
     ・Xamarin.iOSの全機能が使用できる
  ・Interface BuilderやStoryboardが使用できる
  ・シミュレータや実機で直接実行できる
  ・プロファイラを直接実行できる
  ・実機やシミュレータの起動が速い
  ・Objective-cライブラリを利用するモジュールを作成できる
 デメリット 
  ・エディタ機能がVisual Studioに劣る
  ・日本語入力ができない(日本語は別エディタを使用)
  ・Macは操作が難しい(Windowsに比べると…)
  ・Windows開発と互換性が無い


Xamarin Studioを使うケース

以下の場合に使用すると良いと思います。

  • INDIEライセンスで開発する(Visual Studio開発ができないライセンスのため)
  • Interface Builderを使用して画面のコーディング量を減らしたい
  • Windowsを持っていない
  • Macの操作が苦にならない