デバイスにProvisioning Profileを登録したら、Xamarin.iOSで作成したアプリをデバイスに配置できるようになります。
Apple社への登録の他に、Getting Startedで示した以下が完了している必要があります。

・アカウントの登録
・Macとの接続

設定の確認

実は、今までの準備が完了すると他に必要な設定は特にありません。
その理由を確認するために、Visual Studioにおいて配置したいプロジェクトのプロパティから「iOS Bundle Signing」を選択します。
プラットフォームを「iPhone」、構成を「Release (or Debug)」に変更してみます。

IdentityやProvisioning Profileが「Automatic」になっています。
このため開発中はこの設定を気にしなくて良くなります。

※補足※
複数のProvisioning Profileが存在すると、どれを使うかXamrin.iOSが判断できない場合があります。
その場合は手動で個々の構成(Release, AppStore等)で選択してください。
「すべての構成」に設定しても有効になりません。

デバイスへの配置

それでは、デバイスに配置してみましょう。
Macでは、Xamarin.iOS Build Hostのみが起動している状態です。
(Xamarin Studio等は起動する必要はありません)

Visual Studioの通常の画面に戻ります。
ツールバーのプラットフォームを「iPhone」、構成を「Release (or Debug)」に変更します。
そうするとMacにデバイスを接続していればデバイスが、何も接続していなければ「No Device Attached」が表示されます。
ちなみに、プラットフォームや構成は何故か3か所も表示されるのですが、どれか一つを変更すれば問題ありません。


ここでMacにiPhoneを繋いでみます。
そうすると、自動的にツールバーにiPhoneデバイスが表示されます。


後はデバイスに配置するだけです。
メニューから「デバッグ」⇒「デバッグなしで開始」で配置できます。

※以前は「ビルド」⇒「ソリューションの配置」で配置できたのですが、配置構成がとれないように変更されたようです。

が、これだとデバイスに必要ファイルが全て送られない事があります。
このため、個人的には以下をセットで実行するようにしています。
・ソリューションのリビルド(Mac上にあるファイルも全て消えます)
・デバッグなしで開始

ステータスバーに何も表示されなくなったら配置完了です。
デバイス上に正常にアプリが配置されたかを確認してみましょう。
シミュレータの配置では問題なく、デバイスでエラーになる場合が色々あるので、そこはまあ経験でしょうかね。
特にiAD以外の広告を導入したりすると面白いことになります(笑) 

なお、アプリの配置に要する時間は設定で変わります。
遅いので機能はDebugモード、性能はReleaseモードで確認するように使い分けてます。

※余談※
リリース向けに構成を「AppStore」にした場合、「Release」と同じ設定でもビルド時間が短くなり、バイナリサイズも小さくなります。
理由はわかりませんが、問題なく動くようです…
また、バイナリサイズが小さくなる影響でアプリの起動時間も短くなります。
「Release」でアプリ性能を測定する意味が無い気がするのは気のせいでしょうか…?

Mac上のファイルの場所

Visual Studioから配置したファイルは、Mac上の以下の場所に置かれます。
この場所はObjective-Cのネイティブライブラリをリンクしたり、Apple社にアプリをリリースする場合に重要な意味を持ちます。
この情報、Xamarinは公開してないんですよね。
正直かなり困りました(^^;

[中間ファイル(Windowsと同じファイル)]
/Users/{ユーザホーム}/Library/Caches/Xamarin/mtbs/builds/{プロジェクト名}/{GUID}

[マシン語のファイル]
/Users/{ユーザホーム}/Library/Caches/Xamarin/mtbs/builds/{プロジェクト名}/{GUID}/output/{構成}/iPhone