お約束のHello Worldです(^^;
Xamarinに色々実施するように書いてありますが、Visual Studioへのメニュー追加等は必要ありません。
Installing Xamarin.iOS on Windows
Introduction to Xamarin.iOS on Windows

プロジェクトの新規作成で「iOS」⇒「iPhone」から「HelloWorld Application」を選択します。


以下のようなプロジェクトが作成されます。
作成したプロジェクトのプロパティを開きます。


「iOS」アプリケーションから以下を入力します。
上の二つを指定しないとエラーでビルドできません。
三つめは警告になりますが、まずは放置でかまいません。

  1. Application name
  2. Identifire
  3. Version, Build



実行対象を「iPhoneSimulator」に変更します。


メニューから「デバッグ」⇒「デバッグなしで開始」を選択します。


Macに移動して30秒程度すると、以下のようなシミュレータが起動します。
無事にHello Worldアプリが起動しました♪