Apple社への登録はXamarinもXcodeも同じですが手順を示します。
iOS Developer Programには参加済みとして記載します。

開発が完了したら、Apple社にアプリを申請します。
まずはAppIDを作成します。
なお、AppIDは削除できないので、作成する場合は注意してください。

App IDの作成(Web)

Apple Developerメンバセンタにアクセスします。
「Certificates, Identifiers, & Profiles」⇒「Identifiers」を選択します。

「Add(+)」ボタンを押します。


以下の情報を入力します。

・App ID Description 
    任意名称。
Explicit App IDを使う場合はアプリ固有の名称。
Wildcard App IDを使う場合は共通の名称。
・App ID Suffix 
  Explicit App ID:アプリ内課金、プッシュ通信等を行う場合に選択します。
Wildcard App ID:App IDを使いまわしたい場合に選択します。
・Bundle ID 
  ドメインを後ろから使う事が推奨されています。
例:net.website.appname
・App Services 
  アプリ内課金や通知サービス等を使う場合に指定します。


今回はWildcard App IDを作成する事にします。
そのため、App ID Descriptionは共通で使用する名称を指定します。
App ID PrefixはTeam IDが選択されています。


特殊な機能を使わないアプリ向けに共通のWildcard App IDを選択してみました。
ただ、アプリ内課金等を使う場合はExplicit App IDを選択します。 

 
Wildcard App IDだと、ほとんど選択できません。
特に指定しないので「Continue」ボタンを押します。


確認画面が表示されるので「Submit」ボタンを押します。
作成に成功したら「Done」ボタンを押します。