Apple社への登録はXamarinもXcodeも同じですが手順を示します。
iOS Developer Programには参加済みとして記載します。

AppIDを作成したら、リリース向けのProvisioning Profileを作成します。

開始前の注意

プッシュ通知を使うアプリの場合、先にアプリを登録し、管理画面でプッシュ通知を有効化した後に本作業を実施してください。
リリース向けのProvisioning Profileを作成してから上記を実行しても動かないので審査でリジェクトされます。

Provisioning Profileの作成(Web)

Apple Developerメンバセンタにアクセスします。
「Certificates, Identifiers, & Profiles」⇒「Provisioning Profiles」を選択します。

「Add(+)」ボタンを押します。


「App Store」を選択して「Continue」ボタンを押します。


作成済みのApp IDを選択して「Continue」ボタンを押します。


リリース向けの証明書を選択して「Continue」ボタンを押します。


Provisioning Profileの名前を入力して「Continue」ボタンを押します。
App IDと同じような名称にした方がわかりやすくて良いと思います。


作成が完了したら「Download」ボタンから作成したProvisioning Profileをダウンロードします。
ダウンロードしたファイルはMacに転送しておきます。
「Done」ボタンで終了します。


Provisioning Profileの登録(Macで作業)

Macに移動し、ダウンロードしたProvisioning ProfileをダブルクリックしてXcodeに登録します。

またはXcodeを起動します。
メニューから「Xcode」⇒「Preferences」を選択します。
「Accounts」タブを選択し、Apple IDを選択してから「View Details」ボタンを押します。
「Refreshボタン」を押します。


Provisioning Profileを更新したら、念のためXamarin.iOS Build Hostを再起動します。
これは、Visual StudioからのProvisioning Profileの認識が更新されない事を防ぐためです。
私はメンドウなのでMac全体を再起動しています。

これでXcodeやXamarin.iOSでリリース用のProvisioning Profileが利用できるようになります。
なお、古い記述だとOrganizerに登録する旨の記載が見つかりますが、Xcode5以降には当てはまりません。